今年の流行語、ノミネートは?

2014年の今年一年間の世相を表したり、強い印象をのこした言葉に贈られる、「ユーキャン・新語流行語大賞2014」にノミネートされた50語が19日、発表された。ノミネートされた言葉の中には、大ヒットとなったアナと雪の女王から、「ありのままで」「レリゴー」や、人気お笑いコンビのギャグ「ダメよ~ダメダメ」などが挙がった。他には、号泣県議の「号泣会見」、小保方氏が会見で言った「STAP細胞はあります」、浅田真央氏が休養宣言の会見で言った「ハーフハーフ」、ドラマや漫画で人気の「壁ドン」、夏に東京を中心に大流行した「デング熱」、スキージャンプ葛西氏の愛称「レジェンド」、世界的にムーブメントとなった「アイスバケツチャレンジ」、テニス錦織圭選手が会見で語った「勝てない相手はもういない」などがある。この中から、12月1日にトップ10と年間大賞が決まる。果たして、今年の流行語大賞はどの言葉になるのか。

スマホで勉強?

今、スマートフォンで英単語などを覚える「単語帳」を作ったり、他の人が書いた手書きノートを読み込むことができるなど勉強の効率アップのための「助太刀アプリ」が続々と登場しているらしい。

今年1月にリリースされた英単語や専門用語を覚えるための単語帳アプリがダウンロード数17万超の大ヒット。種類は豊富で、語学系では英語や中国語など27か国語に対応。法律・医療系や「ワイン検定」など分野も幅広く、資格勉強や英語能力テスト学習に使う社会人ユーザーも多いという。4択クイズ形式になっているものもあるそうだ。SNSとしての要素を備えているものもあり、友達と自作の単語帳を交換したり、クイズのスコアを競い合うこともできるらしい。

また、人が書いた手書きノートをスマホにダウンロードして読んだり、逆に自分の書いたノートをアップロードすることができるアプリも出ている。現在のユーザー数は20万人以上を超えており、きれいなノートをアップする人は「神ノート職人」と呼ばれているらしい。

ゲーム感覚で勉強したり、ちょっとした空き時間にスマホで勉強できるのは便利だし、現代社会に沿った勉強の仕方なのかもしれないが、身に付くかどうかは本人のやる気次第ではないだろうか。

邦人女性、エボラ感染か・・・

インド北東部で旅行中の日本人女性が

エボラ出血熱の疑いがあるとして、現地の病院で隔離されていたことがわかった。

今後、血液検査で感染しているかを確認するが、病院関係者は同紙に

「今のところエボラ出血熱の症状ではない。検査結果が陰性なら隔離は解除される」と話したという。

報道によると、邦人女性は、シンガポール、マレーシア、タイ、ミャンマーを旅行し、

数日前に陸路でインドに入国したという。

エボラ出血熱が流行している、西アフリカを訪問したとの情報はないとのこと。

在印大使館は、事実関係を調査中としている。

感染すると死亡率が50%とされている、エボラ出血熱。

エボラ出血熱ではないことを願う。

梅雨の違い

今年も梅雨の季節がやってまいりました。

ところで、西日本と東日本では「梅雨」の性格が違うらしいです。

西日本ではダイナミックな「ラテン系」とでもいうか、熱帯地方の「スコール」のような激しい雨が降り、「陽性梅雨」と呼ばれています。
一方、東日本ではより「日本的」「情緒的」なシトシトと降ったり止んだりの雨で、「陰性梅雨」と呼ばれています。
小さな島国の日本の雨にもこんな違いがあるんですね。

不正なしか

京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長が2000年に発表した論文の画像や図に疑問点が指摘された問題で、研究所は12日、論文を掲載した欧州分子生物学機構の学術誌「EMBOジャーナル」から「不正はなかった」とする見解がメールで届いたと発表した。研究所が学術誌側に見解を求めていた。

不正なし、か・・・・

どうなんだろう。こういうものって風説が物を言うから。

真実はよく分からない。

 

相原四郎

12月5日、一高の校庭で複葉グライダーの飛行実験が行われる。相原、田中舘、そしてプリウールはまず無人の状態で人力によって試み、機は浮揚に成功した。次いでプリウールや相原が搭乗したが浮揚しなかった。そこで見学に来ていた子供を搭乗させたところ成功した。次いで日比翁助の好意で用立てられた自動車が牽引し、大人が搭乗した状態で試みたが浮揚しなかった。原因は自動車の馬力、校庭の狭さ、発動機付飛行機を目的にしたことによる昇降舵、方向舵、補助翼の重量増などであった。なお子供の搭乗についてはその場で父親に了解を取っている

通信衛星

このため地上からアップリンクされた電波信号を衛星で受信して電力増幅し、高利得のアンテナにより地上に向けて送信する(ダウンリンク)能動型衛星の開発が行われた。

テルスター衛星は初めての能動型通信衛星である。ベル研究所で開発されたCバンドのトランスポンダを装備していた。この際のアップリンク6GHz帯、ダウンリンク4GHz帯という周波数の組み合わせはその後広く通信衛星で用いられるものとなった。この衛星は1962年7月10日、NASAによりケープカナベラル宇宙基地から初の民間企業がスポンサーとなって打ち上げられた。テルスター衛星は2時間37分で周回する、軌道傾斜角45度の楕円軌道(遠地点 約5,600km、近地点 約950km)に投入された。テルスターはAT&Tに所属するがこれはAT&T、ベル研究所、アメリカ航空宇宙局、イギリス郵政省、フランス郵政省間の衛星通信技術を開発するための多国間合意によるものである。

その後、トランスポンダの数や帯域を増やし送信電力も高めたリレー1号衛星も1962年12月13日に打ち上げられた。このリレー1号を用いて1963年11月23日に行われていた初の日米間テレビ伝送実験中にジョン・F・ケネディ米国大統領の暗殺事件が報道され、その映像は当時のテレビ視聴者に強い印象を与えた。

カスリーン台風

カスリーン台風(-たいふう、昭和22年台風第9号、国際名:カスリーン〔Kathleen〕)は1947年9月に発生し、関東地方や東北地方に大きな災害をもたらした台風のこと。カスリン台風や、キャサリン台風などとも呼ばれる。台風本体の勢力の割には降水量が多い雨台風の典型例とされている。

当時、日本はアメリカ軍を主とする連合国軍の占領下にあり、台風の英名についても1947年から1953年5月までアメリカ合衆国と同様に、A、B、C順に女性の名前が付けられていた(日本ではこの他にキティ台風、ジェーン台風などが有名)。カスリーン台風の英名は「KATHLEEN」であるので、Aから数えると11番目となる。

キャプテンアメリカ

アメリカのヒーロー物の中でも、最も分かり易いのはキャプテンアメリカだろう。

なにせ、名前にアメリカという冠がついているのだから。

人間を超人兵士に生まれ変わらせる特殊な血清を創ったアースキン博士がナチスの工作員に暗殺されたため、血清の秘密は失われた。戦後、この血清の副作用でキャプテン・アメリカは死亡しかけた事がある。

キャプテン・アメリカのスーツおよびマスクは、星条旗をモチーフとしている。当初、マスクはスーツと一体ではなかったため、マスクがズレることがあった。それを防ぐことに加え、首の防弾性を配慮した結果スーツとの一体型となった。

スーツはスケイルアーマーである(アップのイラストでは、スケイルが描かれている場合がある)。円形のシールドを装備している。このシールドは、防御用として使用する他、フリスビーのような投擲武器としても使用される。

カレー

1月22日はカレーの日だと言う。

1982年1月22日に全国学校栄養士協議会が全国の小中学校で一斉にカレー給食を出したことから、記念日になったそうだ。

日本人はとにかくカレーが好きだ。

日本人は週に1回以上、1年間で約78回はカレーを食べているというデータもあるらしい。

普遍の王道食べ物、それが日本人にとってのカレーである。