幻の「伏見城」の瓦などが出土?

転科を統一した豊臣秀吉が文禄3年に完成させた最初の伏見城(指月城)と見られる石垣や多数の金箔瓦片が京都市伏見区桃山町のマンション造成地から出土し18日、民間調査団体「京都平安文化財」が発表した。指月城は2年後の慶長伏見地震で倒壊後は所在が分かっていなかった「幻の城」だ。今回の発見は城の存在を裏付ける初の出土例となった。
指月城は秀吉が後継者の豊臣秀次に京都・聚楽第を渡した後に築城した。地震で倒壊後、秀吉は近くの木幡山に伏見城をを再建したが、関ヶ原の戦いの前哨戦で焼失した。
石垣は長辺1メートル前後の花崗岩などで構成され、南北36メートルにわたって出土。高さは現状で1、2段程度残るが、3、4段程度は積み上げられていたとみられている。自然石を野積みのようにした初期の大阪城本丸跡の聚楽第跡の工夫とよく似ており、京都平安文化財は「同時期に建てられた指月城に間違いない」としている。
石垣の西側には最大幅7メートル、深さ2メートル以上の堀が並走し、中から金箔が張られた五七桐文の軒丸瓦や唐草紋の軒平瓦も出たそうだ。いずれも天守など主要施設で使われる瓦で、地震で倒壊した後に埋められたらしい。
ところどころに金箔が使用されていたというのが、何とも秀吉らしい。

ペヤング、一部フライング復活

昨年12月に虫の混入が指摘されて製造と販売を休止していた「ペヤングソース焼きそば」の関東地区での再発売開始は8日の予定だったが、前日になると7日に都内各所で商品が店頭に並んでいたことが分かったそうだ。
この日の昼前後からツイッターなどで「ペヤング大人買いしました」「久々のペヤングおいしい」などの書き込みがあったそうだ。都内でも午後には一部のコンビニやスーパーなどで商品が店頭に並び、発売再開を待ち構えていた愛好者らが購入していたとのこと。
コンビニチェーン広報部では「メーカーから、発売日を守るように厳しく言われている。店舗によって時間は異なるが、8日になってから発売します」としていたが、ファンにはうれしいフライングゲットとなったようだ。今後は順次販売地域を拡大していくとのこと。
それだけペヤングが愛されているということか。

ランドセル商戦、早くも始まる

百貨店やイオン、イトーヨーカドーなどの大手スパーでは、来年の平成28年の春の新就学児を対象とした、ランドセル商戦が、昨年よりも1か月以上前倒しで始まった。
春の大型連休に親子と祖父母の3世代で商業施設に来店をするケースを見込み、1か月以上の前倒しとなった。
各ランドセル業者とも、今年もデザインを重視した高価格帯の商品の売り上げ増を見込んでいるとのこと。中心の価格帯は6万~6万5千円ほど。7割から8割ほどの家庭で、祖父母が孫にランドセルを買う傾向にあるという。
また近年、日本ならではの文化のランドセルは、アニメや漫画などを通じて興味を持った外国人が購入をするケースも増えているという。
外国人にとっては、ファッション感覚なのかもしれない。

ながら習慣ダイエット

成功率が断然アップする、「ながらダイエットを」ご紹介いたします。
ダイエットは続かなければ意味がありません。でも激し事はしたくないし、無理な食事制限をしてもリバウンドの引き金となってしまいます。なので、オススメしたいのがこの「ながらダイエット」です。
ながらダイエットの方法は、同時に二つのことをおこなうということです。
例えば、「家事×エクササイズ」の家事をしながらダイエット。または、「お風呂×マッサージ」のお風呂に入りながらマッサージをしてダイエットなど、同時に二つおこなう方法です。この時だけ集中しておこなうことによって、継続をしようということです。
組み合わせは自由自在ですので、あなたに合った続けられる方法で試してみてくださいね。

90年代に流行ったもの

あなたもハマったものがありますか?90年代に流行ったものをご紹介します。
まずは「たまごっち」。1996年にバンダイから発売された、たまごっちは爆発的な大ヒットとなりました。品薄状態が続き高値がつくことも。つぎに、「ナタデココ」。何かとナタデココの商品が流行りました。あの不思議な食感にハマってしまった人も多いのではないでしょうか。そして、「アムラー」。安室奈美恵さんのヘアメイクやファッションを真似する女性のこと。渋谷を中心によくアムラーの姿を見かけました。そして「ノストラダムスの大予言」。1999年の7の月に人類が滅びるという大予言は社会現象までに。社会全体がノストラダムスの大予言を信じていました。いかがでしたでしょうか?懐かしいものばかりですね。

未発見の惑星

太陽系には太陽から最も遠く離れた海王星など8つの惑星があるとされているが、スペインとイギリスの天文学者が、少なくともあと2つ惑星が存在するはずだと発表したそうだ。海王星のさらに外側には冥王星があるが、国際天文連合は2006年、冥王星を惑星から「準惑星」に格下げし、太陽系の惑星を8個とした。しかし現在でも太陽系で最も太陽から遠く離れた惑星は冥王星だと主張する人はいるそうだ。

太陽系から極めて遠く離れている「ETNO」という種類の天体は、理論的には太陽から約150天文単位程度の距離にあり、太陽系の惑星とほぼ同じ軌道面にあるはずだった。しかし十数個のETNOを観測したところ、太陽からの距離が150~525天文単位というかなり広い範囲に散らばっていた上に、それらの軌道面は惑星の軌道面から20度ほど傾いていたそうだ。天文学者らはこれらのETNOよりずっと大きな天体、つまり惑星が近くに存在し、ETNOに影響を与えているのではないかとしているとのこと。惑星の定義は色々あるようだが、これまで発見されていなかった惑星が見つかるかもしれないというのは少し興味がある。

ふたご座流星群

12月14日から15日にかけてふたご座流星群が見ごろを迎える。観測のピークとなる14日の夜の天気は太平洋など晴れの予報となっているそうだ。ふたご座流星群は、1月のしぶんぎ流星群、8月のペルセウス流星群と並ぶ3大流星群のひとつ。毎年安定して多くの流星が出現することで知られている。今年のふたご座流星群の出現期間は12月7日~17日ごろ。出現ピークは14日午後9時。観測するなら14日の日没後から月が昇る午後11時までの時間帯がおすすめだという。観測するにはどの方向を見ればいいのだろうか?流星は放射点の方向から飛んでくるが、いくつもの流星が流れた跡をたどっていくと放射点が交わるのであって、実際には空のいたるところに流れるそうだ。なので必ずしも放射点の方向にこだわる必要はなく、空を広く見渡すのが良いそうだ。見晴らしの良いころで観測するのがおすすめとのこと。冬の夜は冷え込みが厳しいので、観測するときは万全の防寒対策を心がけた方が良いだろう。

今年の流行語、ノミネートは?

2014年の今年一年間の世相を表したり、強い印象をのこした言葉に贈られる、「ユーキャン・新語流行語大賞2014」にノミネートされた50語が19日、発表された。ノミネートされた言葉の中には、大ヒットとなったアナと雪の女王から、「ありのままで」「レリゴー」や、人気お笑いコンビのギャグ「ダメよ~ダメダメ」などが挙がった。他には、号泣県議の「号泣会見」、小保方氏が会見で言った「STAP細胞はあります」、浅田真央氏が休養宣言の会見で言った「ハーフハーフ」、ドラマや漫画で人気の「壁ドン」、夏に東京を中心に大流行した「デング熱」、スキージャンプ葛西氏の愛称「レジェンド」、世界的にムーブメントとなった「アイスバケツチャレンジ」、テニス錦織圭選手が会見で語った「勝てない相手はもういない」などがある。この中から、12月1日にトップ10と年間大賞が決まる。果たして、今年の流行語大賞はどの言葉になるのか。

スマホで勉強?

今、スマートフォンで英単語などを覚える「単語帳」を作ったり、他の人が書いた手書きノートを読み込むことができるなど勉強の効率アップのための「助太刀アプリ」が続々と登場しているらしい。

今年1月にリリースされた英単語や専門用語を覚えるための単語帳アプリがダウンロード数17万超の大ヒット。種類は豊富で、語学系では英語や中国語など27か国語に対応。法律・医療系や「ワイン検定」など分野も幅広く、資格勉強や英語能力テスト学習に使う社会人ユーザーも多いという。4択クイズ形式になっているものもあるそうだ。SNSとしての要素を備えているものもあり、友達と自作の単語帳を交換したり、クイズのスコアを競い合うこともできるらしい。

また、人が書いた手書きノートをスマホにダウンロードして読んだり、逆に自分の書いたノートをアップロードすることができるアプリも出ている。現在のユーザー数は20万人以上を超えており、きれいなノートをアップする人は「神ノート職人」と呼ばれているらしい。

ゲーム感覚で勉強したり、ちょっとした空き時間にスマホで勉強できるのは便利だし、現代社会に沿った勉強の仕方なのかもしれないが、身に付くかどうかは本人のやる気次第ではないだろうか。

邦人女性、エボラ感染か・・・

インド北東部で旅行中の日本人女性が

エボラ出血熱の疑いがあるとして、現地の病院で隔離されていたことがわかった。

今後、血液検査で感染しているかを確認するが、病院関係者は同紙に

「今のところエボラ出血熱の症状ではない。検査結果が陰性なら隔離は解除される」と話したという。

報道によると、邦人女性は、シンガポール、マレーシア、タイ、ミャンマーを旅行し、

数日前に陸路でインドに入国したという。

エボラ出血熱が流行している、西アフリカを訪問したとの情報はないとのこと。

在印大使館は、事実関係を調査中としている。

感染すると死亡率が50%とされている、エボラ出血熱。

エボラ出血熱ではないことを願う。