ビックリマンシールの初期

1980年代後期に子供たちの間で爆発的な人気となり、社会現象にまでなった天使VS悪魔がビックリマンシールの全てだと思っていたら、それ以前にも色々なヴァージョンが存在していたそうだ。

ビックリマンは何故「ビックリ」が名前につくのか、と疑問に感じていたのだが、元々は「どっきりシール」なる物からのスタートだったらしい。

写真の様なイラストで、それを見た人を本物の様に想わせてどっきり、というもの。
本物そっくりのタバコの吸い殻や、コンセント等。
一種のトリックアートの様な感覚か。

ギャグっぽい感じだったのだ、当時は。

http://www.border-wall.com/