苗字

現在日本で一番多い苗字は佐藤だそうだが、かわった苗字も結構ある。

日本の名字の由来に関して、言語学者は、天皇、宗教、地方の特徴などが関係していると見ている。

古代、氏族社会の時代、地域や職業を特色を表す「氏(うじ)」があり、その後日本を統一した大和朝廷が氏姓制度(しせいせいど)を導入し、「氏」が支配階級の構成単位となった。平安時代になると、貴族や武士では、血縁集団を区別するための氏(ウジ)とは別に、家族集団を区別するために家名ないし名字を名乗るようになり、それが一般的に通用するようになる。