海に落ちた女性38時間泳いで生還

上海のクルーズ船から落ちた女性が、転落から38時間も泳ぎ続け救出されるというすごいニュースがある。
船は上海の港を出港し、韓国の済州島と日本の福岡市を周って上海に戻るというコースだった。出港は7日で、戻りは11日の予定だった。
女性は10日に船の4階甲板から海に転落し、泳ぎ続けて約2日後の12日に漁船によって救出された。
船の監視カメラには4階にいる女性が映っており、父親が通報するなどしたが、4階甲板は地上7階相当の高さで、生存確率が低いとされていたそうだ。
女性は昔から泳ぎが得意で、途中睡眠を取りながら泳ぎ続けた。クラゲに刺され、日に焼けるなどの外傷が多少あるが落ち着いた状態だそうだ。
海が大荒れでなかった、サメなど危険な生物がいない海だったと運が良かった点も多いのだろう。それにしても38時間泳ぎ続けられる体力と精神力には驚きだ。