NY株式市場、5営業日連続で最高値を更新

5日連続で、史上最高値を更新した。
週明け18日のニューヨーク株式市場は、アメリカの最近の底堅い経済指標を受けて、景気の減速懸念が後退したほか、先週から発表が本格化した、4月から6月期の好決算の期待から買いが広がった。
また、ソフトバンクによる、イギリスの半導体開発大手、ARMホールディングスの買収も好感された。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の週末の終値に比べて、16ドル50セント高い、1万8,533ドル5セントと、7営業日続伸し、5営業日連続で、終値の最高値を更新した。