外郎売

アナウンサーや役者等の声のトレーニング用として有名な外郎売だが、もともと歌舞伎の十八番の一つらしい。

最初は自己紹介から始まり韻をふむ、その連続技がダイナミックだ。

それもたたみかける様な早口に。
どんどん口が滑らかになっていく。

人によっても色々なパターンがある様で、アレンジのしがいがある題材なのだろう。