NY株式市場、5営業日連続で最高値を更新

5日連続で、史上最高値を更新した。
週明け18日のニューヨーク株式市場は、アメリカの最近の底堅い経済指標を受けて、景気の減速懸念が後退したほか、先週から発表が本格化した、4月から6月期の好決算の期待から買いが広がった。
また、ソフトバンクによる、イギリスの半導体開発大手、ARMホールディングスの買収も好感された。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の週末の終値に比べて、16ドル50セント高い、1万8,533ドル5セントと、7営業日続伸し、5営業日連続で、終値の最高値を更新した。

現代人がイライラする理由

現代人がイライラしやすい理由について、2つの理由があるそうだ。
1つは異なる価値観の人が増えたため、自分の思い通りにならずにお互いイライラするというもの。
例としてあげられているものを抜粋すると、「一昔前の社会。上司がいる間は新人は帰るべきではなかった。サービス残業休日出勤飲み会は当たり前。現代社会では、働き方は自由で働き方は自分次第。フレックスタイムゆう活定時上がりが定着しつつある。違う考えの人と仕事をするには自分を曲げなければならずイライラする。」といった感じだった。
また携帯の普及に伴い予定の変更を即座に伝えやすくなったため、当たり前のことができなとイライラするというのがもう1つの理由だ。
イライラしないようにするには耐性をつけるのが良いという。
けれど、これだけ選択肢の増えた世の中なら、ストレスのかかる環境に進んで身を置き続けることもないだろう。どうしようもない時は体を壊す前にストレスの元を絶つことが必要だ。