ピース又吉直樹「火花」が芥川賞 

人気お笑いコンビ、ピースの又吉直樹さんの小説「火花」が16日、第153回「芥川賞」(日本文学振興会主催)を受賞した。
この日、都内で選考会が行われ、羽田圭介氏の「スクラップ・アンド・ビルド」とともに芥川賞の受賞を射止めた。
お笑いタレントの同賞受賞は初めての快挙である。
1回目の投票でトップの票を獲得して、堂々たる受賞だった。
9人の選考委員を代表して、会見した作家山田詠美氏はこう語った。
「どうしても書かざるを得ない切実なものが迫ってくる。欠点も多々あると言えるが、何か強いものを感じ、主人公と先輩とのまさに火花をよく書けていると思う。」と選考理由を報道陣に語った。
又吉の「火花」は今年の5月、同じく純文学作品を対象とした三島由紀夫賞の候補にもなっており、この時も決選投票に残って話題になっていた。