ふたご座流星群

12月14日から15日にかけてふたご座流星群が見ごろを迎える。観測のピークとなる14日の夜の天気は太平洋など晴れの予報となっているそうだ。ふたご座流星群は、1月のしぶんぎ流星群、8月のペルセウス流星群と並ぶ3大流星群のひとつ。毎年安定して多くの流星が出現することで知られている。今年のふたご座流星群の出現期間は12月7日~17日ごろ。出現ピークは14日午後9時。観測するなら14日の日没後から月が昇る午後11時までの時間帯がおすすめだという。観測するにはどの方向を見ればいいのだろうか?流星は放射点の方向から飛んでくるが、いくつもの流星が流れた跡をたどっていくと放射点が交わるのであって、実際には空のいたるところに流れるそうだ。なので必ずしも放射点の方向にこだわる必要はなく、空を広く見渡すのが良いそうだ。見晴らしの良いころで観測するのがおすすめとのこと。冬の夜は冷え込みが厳しいので、観測するときは万全の防寒対策を心がけた方が良いだろう。