相原四郎

12月5日、一高の校庭で複葉グライダーの飛行実験が行われる。相原、田中舘、そしてプリウールはまず無人の状態で人力によって試み、機は浮揚に成功した。次いでプリウールや相原が搭乗したが浮揚しなかった。そこで見学に来ていた子供を搭乗させたところ成功した。次いで日比翁助の好意で用立てられた自動車が牽引し、大人が搭乗した状態で試みたが浮揚しなかった。原因は自動車の馬力、校庭の狭さ、発動機付飛行機を目的にしたことによる昇降舵、方向舵、補助翼の重量増などであった。なお子供の搭乗についてはその場で父親に了解を取っている