海に落ちた女性38時間泳いで生還

上海のクルーズ船から落ちた女性が、転落から38時間も泳ぎ続け救出されるというすごいニュースがある。
船は上海の港を出港し、韓国の済州島と日本の福岡市を周って上海に戻るというコースだった。出港は7日で、戻りは11日の予定だった。
女性は10日に船の4階甲板から海に転落し、泳ぎ続けて約2日後の12日に漁船によって救出された。
船の監視カメラには4階にいる女性が映っており、父親が通報するなどしたが、4階甲板は地上7階相当の高さで、生存確率が低いとされていたそうだ。
女性は昔から泳ぎが得意で、途中睡眠を取りながら泳ぎ続けた。クラゲに刺され、日に焼けるなどの外傷が多少あるが落ち着いた状態だそうだ。
海が大荒れでなかった、サメなど危険な生物がいない海だったと運が良かった点も多いのだろう。それにしても38時間泳ぎ続けられる体力と精神力には驚きだ。 

浮輪取りに… 川で溺れ男児心肺停止

14日の午前10時20分ごろ、相模原市緑区寸沢嵐の道志川で、男の子(11)が溺れていると119番通報がありました。
近くで釣りをしていた男性(60)が川へ入り助けました。
男の子はその後、救急搬送されたが心肺停止の重体とのことです。
男の子は家族3人とバーベキューに来ていました。
水遊び中に男の子が流された浮輪を取りに川へ入ったところ、溺れてしまったそうです。
事故の現場は弁天橋下流側で、小さなせきが複数配置されています。
この時期は水難事故が絶えません。
子どもはもちろん、大人も十分に気を付けてほしいと思いました。
男の子の安否が気になります。

現代人がイライラする理由

現代人がイライラしやすい理由について、2つの理由があるそうだ。
1つは異なる価値観の人が増えたため、自分の思い通りにならずにお互いイライラするというもの。
例としてあげられているものを抜粋すると、「一昔前の社会。上司がいる間は新人は帰るべきではなかった。サービス残業休日出勤飲み会は当たり前。現代社会では、働き方は自由で働き方は自分次第。フレックスタイムゆう活定時上がりが定着しつつある。違う考えの人と仕事をするには自分を曲げなければならずイライラする。」といった感じだった。
また携帯の普及に伴い予定の変更を即座に伝えやすくなったため、当たり前のことができなとイライラするというのがもう1つの理由だ。
イライラしないようにするには耐性をつけるのが良いという。
けれど、これだけ選択肢の増えた世の中なら、ストレスのかかる環境に進んで身を置き続けることもないだろう。どうしようもない時は体を壊す前にストレスの元を絶つことが必要だ。

白湯にちょい足し!美容効果

お手軽な健康法として人気の「白湯」は、腸の働きを整えスムーズなお通じに役立つ飲み物と言われていて、そんな白湯にちょい足しすると、さらに色々な美容効果を得られます。

・レモン
白湯は血行が良くなるから肌がどんどんキレイになるし、レモンは美容に欠かせないビタミンCをたっぷり含んでるから肌トラブルに良いそうです。
ビタミン不足の方には特におすすめで、甘みはありませんが、ホットレモネードのような味わいになります。

・オリーブオイル
オリーブオイルを入れた白湯は、何も入れない白湯より温度が下がりにくいため内臓を温める効果が期待できるそうです。
“オレイン酸”という小腸で吸収されず、大腸まで届く脂肪酸が、ほかの食用油よりも多く含まれているため、溜まってしまった便のすべりをスムーズにしてくれます。

・ショウガ
冷えの強い方は「ジンジャーパウダー」などを溶かして入れる方法も良いでしょう。
生姜を加熱乾燥して作られたジンジャーパウダーは、胃腸の血流を高めて身体を温める働きがあります。

白湯はとにかくゆっくり飲むっていうのが最大のポイントです。
ゆっくり飲むことで胃の中から全身が温まり、体温の上昇とともに新陳代謝を高めることができます。
食事中や食間などに、1日カップ4杯くらいを目安に飲むと頑固な便秘が改善するそうです。
ぜひ、お試しください!

化粧品にステロイド、回収指示

化粧品への配合が禁止されている成分を含んだ保湿クリームを販売したとして、東京都は24日、医療品医療機器法に基づき、化粧品などの販売会社「日中友好開発」に製品の販売中止と回収を指示したそうだ。指示は23日付とのこと。健康被害の報告はないという。
発表によると、問題のクリームは「ばらクリーム」と「三黄クリーム」の2製品。同社が中国から輸入し、同社が経営する「鶴薬局」で1992年から販売していたそうだ。最近では1週間にそれぞれ100個程度を販売していたという。
都が昨年5月、購入者からの情報提供を受けて成分を調べたところ、化粧品への配合が禁止され、医薬品としても未承認のステロイド成分が検出されたそうだ。
とは、緑内障などの副作用を起こす可能性があるとして、購入者にクリームの使用を中止し、遺志に相談するように呼びかけているとのこと。
ステロイドは副作用があることから使用には注意が必要な成分だ。もし購入してしまった人はすぐに使用を中止し、遺志に相談した方が良いだろう。

車掌が走行中に読書、処分へ

JR東日本で、車掌と運転士が勤務中に漫画や文庫本を読んでいたと判明した。
車掌は先月21日に横浜線を走行させている際、漫画読んでいるのを乗客が見つけ、途中駅でその乗客が駅員に知らせたことで発覚した。
車掌は57歳で、漫画を読んでいたことを認めているという。
また、運転士は同じく先月の26日に中央線が駅に停車している際、運転席で文庫本を読んでいたと分かった。運転士は53歳で、電車は出発前の待機時間だったが、電車には乗客が乗り込んでいたという。こちらは上司が見つけ、注意した。
これらの事態をうけてJR東日本は「規定にのっとり処分を検討する」とのコメントを発表した。
以前、運転士が走行中にスマートフォンを見ていることが問題になっていた。慣れた路線で長く運転していると、気が抜けてしまうのだろうか。事故が起きなくて本当によかったが、反省してもらいたい。

世界最強のパスポート、2015年1位の米英が陥落

海外旅行の際に欠かせないパスポート。
普段はあまり意識することはありませんが、パスポートの「強さ」は国ごとに異なるんです。
こうしたパスポートの独特の「強さ」をランキングにしたサイト、「Passport Index」の2016年版がこの度公開されました。
それによると、日本のパスポートを利用し、ビザなし渡航できる国や地域の数は153か国。
一方、アフガニスタンやパキスタンのパスポートでは30未満にとどまります。
では、今年の「世界最強」パスポートは一体どこの国だったのでしょうか・・・。
「Passport Index」は、カナダに本拠を置く、コンサルティング会社アートン・キャピタルが昨年の3月に開設されました。
先日、データを最新版に更新をし、更に機能を加えた2016年版の公開を先日に発表しました。
今年の1位は、ドイツとスウェーデン。ビザなし渡航できる国や地域は157にも上ります。
両国のパスポートを持っている人は、思い立てば世界中の約8割の国を訪ねることができるというわけです。
3位には、156か国のイタリア、フランスなど6カ国がランクイン。
ランキング上位にはヨーロッパの国々が並びます。
昨年の1位を分け合ったイギリスとアメリカは、それぞれ3位タイとなりました。

鎌倉大仏、当初は顔だけ金色?

東京文化財研究所は22日、55年ぶりに保存修理した国宝、鎌倉大仏について、13世紀の創建当初から顔だけが金色だった可能性があると発表した。
鎌倉大仏は江戸時代の文献に金色だったと記され、顔については「金箔」とする明治時代の報告書があるほか、金メッキ説もあるという。今回の修理に伴い、X線による金属調査などで大仏の右頬などに残る金が目の周囲や鼻出も確認されたそうだ。
調査を担当した同研究所の森井順之主任研究員は「金は建造当初のものと推測される」と話しているという。
なぜ、顔だけ金色だったのだろうか?資材や費用が足りなくなってしまったのだろうか…?

事故に遭い「お前、ひかれたんやで」

大阪梅田の繁華街でおきた乗用車の暴走事故。死傷者は11人にのぼっている。
このうち、頭蓋骨骨折の重傷を負った建設業の男性が入院中の病院でメディアの取材に応じたという。
男性は、歩きながら妻に電話を掛けようと目線を一瞬携帯電話にむけた。その時、叫び声が響き渡り、正面を見ると黒いプリウスが目の前に見えた。
ぼんやり意識が戻った時は、歩道上に倒れ込んだ状態だった。隣を歩いていた同僚は、間一髪で免れ、男性に「お前、ひかれたんやで」と声をかけたそうだ。男性はそれで事故に巻き込まれたとわかったが、今でも事故の瞬間の記憶がないという。
それから病院に運ばれ、夕方妻と子供4人が駆け付け「家族の顔を見た瞬間、生きていて良かったという思いがこみ上げてきた」と話した。
暴走車を運転していたのはビル管理会社経営の大橋篤さん(51)。既に死亡しているが、事故当時、体調異変で意識を失っていた疑いも出ているという。
理由は、交差点西側の路肩から急発進後、約150メートルにわたって一直線に歩道まで突っ込んだにも関わらず、ハンドルには操作された形跡がなかったからだ。
この事故で現在、男女9人が病院で治療を受けており、大阪府高槻市の女性(28)が意識不明の重体だという。また、8人が足や頭部を骨折するなどの重軽傷を負ったととされている。
大阪梅田では以前にも交通事故が起こっている。人通りが多い場所だけに被害も大きいだろう。原因の解明が急がれる。

日テレ上重アナ「スッキリ!!」降板へ

日本テレビの上重聡アナウンサーが、2016年3月いっぱいで、現在司会を務めている、情報番組「スッキリ!!」(月~金曜午前8時)を降板することが分かりました。
昨年の3月30日から、極楽とんぼ加藤浩次とコンビを組んで司会を担当していましたが、1年で早くも番組を離れることになります。
上重アナウンサーは、司会就任直後の昨年の4月2日発売の週刊文春で、シューズ用品の小売りチェーンの元会長から、約1億7000万円を無利息で借りて、都内に高級マンションを購入するなどをしたとして報じられました。
そして、4月3日、「スッキリ!!」内で、「私の個人的事情で、疑念を抱かれることを反省し今後とも頑張っていきます。」などと謝罪をしました。しかし、日本テレビには、降板すべきなどの声が多数寄せられたが、その後も出演を続けていました。